sirimiri

2016年10月。
sirimiriというバスク地方についての雑貨と写真の展示をした。

ひさしぶりに行く海外旅行も、バスクという地方も、新しい事ばかりでとても刺激的だった。
新しい景色というものが自分の中にある事は嬉しい。

sirimiriでは、ブログを展示の2ヶ月ほど前から始めた。
バスクという地方は、知らない人も多いので、そういう知らない人にも知ってもらえる機会を作るべきと思ったからだ。
これからも少しずつ書いていこうと思う。

sirimiriというブログはこちら
http://sirimiri.moritoumi.jp/

FH020008

sirimiriのはじめりの話を少し書こうと思う。

この旅は、4年ほどの前からの友人である、小澤(通称おざこさん)から持ちかけられた提案からスタートした。
おざこさんの意図を、わかりやすく順番に書くとこうだ。

(1) 私は、バスクが好き。
(2) 過去2度いった。
(3) 今年も行く。つまり3度目。
(4) 自分以外の人が見るバスクを見てみたい。

正直(3)から(4)は、かなり吹っ飛んですけど、すこし端折ってるから気にせずで。

何はともあれ、この4ステップまできて、人を誘ってバスクに行くことを決めたようだった。
そして、その条件は、写真が撮れること、旅行の為に10日間海外に行ける人、そういう話に乗ってくれそうな人、以上。
そんなヤツいるわけない、、、と思ったら僕がいた。

そういうわけだ。
たしかに僕は割とOKそうだ。

ただ。
実際、結構厳しいのはお金である。
フリーランスである僕にとって金銭的にはかなり危険な賭けだった。
実際、20万ほど吹っ飛ぶのである。
ヒヤヒヤものだ。

でも、実際会社員でもなく、写真家なんて言っちゃってる僕としては、そんな無茶しないと面白くないしと思うので、行ってしまえ!という思いでエールフランスの飛行機をクレジットカードで決済した。

これが、はじまりの話。
結論から言えば行ってよかった。
もう本当に見識の広がり方はすごい。

この経験から得たのは、すこしくらい無理したほうが良いリターンあるなぁというところ。
これからもどんどん新しいことをしていこうと思う。
sirimiriがくれたものは、弱気になった時に「背中を押してくれる勇気」みたいなものかもしれないなぁ。