KYOBATE sta. NARA – NPO KYOBATE

2018年の話です。

京終駅(きょうばてえき)という無人駅のことを知ったのは、音楽家 太田美帆さんからの電話だった。

無人駅である京終駅を改築し、その元執務室スペースを改装してカフェを作り、そこから京終の街を盛り上げたい、と思っている人たちがいて、その人達のWebサイトを作ってくれないか?というのだ。

僕はもちろんOKで、可能な限り協力しますよ、と返事をした。
特に相手のことは知らなかったけど。

詳細を聞くと、NPO法人を作り、そこが京終駅に作るカフェを運営するそうだ。
まず、NPOのwebサイトが必要ということで、その打ち合わせに奈良に行った。

NPOのメンバーに出会い、その気持ちを聞いた。
この京終の街に育った自分たちで今できることをしていきたい、という熱い思いを聞き、これは面白いことになるなぁと内心思っていた。

NPO KYOBATEの理事たちは、当たり前のことかもしれないが、全員奈良の人たちだ。
理事長の萩原さんは京終の出身だし、お住まいも京終である。

自分たちの街を、自分たちの出来ることで変えたい、という心に寄り添うにはどうすべきだろうか。

僕は、東京住まいで奈良出身でもない。

結論から言うと、奈良に何度か行き、街を歩き、僕も自分なりに奈良を知る必要がある。
そう思った。

NPO KYOBATE 公式Webサイト
http://kyobate.org/

写真は、NPOの理事のひとり、町屋の宿 “紀寺の家”を運営する藤岡俊平くんに連れられていった若草山から見た奈良の眺望と、トボトボと歩き見つけたパン屋”ムラカミ”、その他歩きながら撮った街の様子。

0%