Renewal Website

2015年から更新していたWebサイトをリニューアルしました。

ちょっと思ったんですけど、Webサイトが無意味なものになっているなぁと思って。
思い切って、ガラッと変えました。そしてWebサイトの内容も一から作っていこうと思います。

 

Worksというカテゴリーに違和感

以前の僕のWebサイトには、worksというページがありました。
works、そうです。自分のしてきた仕事を載せるページです。

仕事の紹介ページですね。
制作会社や写真家のWebサイトには、だいたいありますよね。
自分の仕事を紹介するページ。

僕はそこに違和感を感じた。
その違和感はカフェで友人に何度か言い放った言葉、「僕って仕事してるって感じじゃないんだよね」が原因だと思う。

 

よし、リニューアルしよう

僕は、なんて言うか”働いている”というより”友達に呼ばれてそこに行って自分の出来る事をした”みたいな感覚がある。(そのあたりの根源的なものづくり欲求は、子供のころからあると思う。)

だから、「僕って仕事してるって感じじゃないんだよね」ってよく話していた。

つまり、”works”というくくりは、僕の中では違和感どころか間違いで、
もっと自然で、もっとピタッとくる言葉はないかと探し始めたのが、
Webサイトのリニューアルを決心した原因なんだよね。

0%